度付きスイミングゴーグルとシュノーケルマスク


小中学校でのプール学習が始まるのは来月からでしょうか?


今日は、眼鏡やコンタクトユーザーがプールや海で使うと超便利な、視力補正付き(度付き・度入り)スイミングゴーグルのご紹介です。


目が悪いと、海やプールで泳いだ後、家族や友人がどこにいるのか見つけにくくて不便ですよね。ちょっと離れたところから友達が手を振ってくれてるのに気がつかなかったり。


とはいえ、眼鏡のまま海に入るのはネジが錆びたり、壊れる可能性もあって不安なはず。


特にお子さんの場合、迷子になっちゃっう不安もあるし、大きなプール施設で足下が見えにくいのは、コケる原因にもなって危ないです。


眼鏡をつけたままプールや海に入ってる男性(お父さんかな?)もよく見かけるし、コンタクトレンズをしたまま“こわごわ”海に入ってる人もいると思うのですが、そういう方にぜひ使っていただきたいのが、この度付きゴーグルです。




このゴーグルがすばらしいのは、度付きなのに 2000円ちょっとと格安なことに加え・・・



なんと、片目ずつ度数が変えられるってことなんです。上記写真でもわかるように組み立て式なので、左右で異なる度数を買うことができます。これなら、左右の視力に差がある人でも大丈夫!


度数もかなり強いモノまであるので、強い近視の人でも安全、かつ快適に海やプールを楽しめるようになります。


★★★


購入すると下記のように、左右それぞれ指定した度数が入ったレンズと、頭の後ろにひっかけるシリコンのストラップ、それに、鼻の部分の部品が送られてきます。



鼻部分の部品は、大中小と 3つ付いてくるので、自分の両目の間隔に合わせて選べます。



ちきりんでも 2分で組み立てられるくらい簡単。装着すると、引っかける方向と反対に引っ張る力が働くので、使用中にバラバラになる心配はまずないと思います。



ストラップはいろんな色が選べるので、一家に何個かあっても、すぐに誰のものか判別できます。




スイミングゴーグルの度数のわからない方は、下記写真をクリックして出てくるページの中程に書いてある判定方法をお試しください。簡易法ですが、文字を読むためのものではないので、この方法で十分だと思います。




特にお子さんにとっては、海やプールで眼鏡を外した時にも、周りがしっかり見えるかどうかが安全にも大きく関わるので、強くご使用をお勧めします。(あと、これは度付きでなくても同じですが、唾液やスプレーを使って曇り止めをする方法も教えてあげましょう!)


上記で紹介した楽天ショップの方が(レンズとストラップなどを)まとめて注文できて便利ですが、「オレはアマゾンで買いたい!」という方は下記からどうぞ!
→ アマゾンの度付きゴーグル一覧ページ


タバタ VIEW 度付ゴーグルパーツキット BK 119588 VPS501

また、スポーツ用品専門の SWANS からは、ミラーレンズ(下記。外から見ると鏡になってる。競泳選手っぽいですね)や、クリア(色が付いていないレンズ。スイミングスクールなど、紫外線や日差しの強くない屋内プールのみで使う人向き。下記の写真をクリックすると下の方に載ってます)もあるみたいです。



SWANS メーカーページはこちら


★★★


下記はスノーケルで使うマスクですが、こちらも度付きレンズ付きのものが売られています。


スノーケルグッズはたいていのビーチで借りられますが、視力のよくない人は、この水中マスクだけ“マイマスク”を持参すれば、お魚もよく見えてとても便利です。




→ 眼鏡ユーザーにお勧めのサングラスはこちら!


安全&快適に夏を楽しみましょう!





★ちきりんセレクト★ 他の紹介商品の一覧はこちら PC版
★ちきりんセレクト★ 他の紹介商品の一覧はこちら スマホ版