ゴキキャップ最強!

私は心の底からゴキブリが嫌いです。

小学生だったとある日、部屋の中で突然ゴキブリが目の前を飛んで横切り、あわや顔に激突かと本気で気絶しそうになったあの日から、G は私の天敵になりました

なので万が一遭遇した時のために、殺虫スプレーも持ってはいますが、

アース ゴキジェットプロ 450mL 【HTRC2.1】
アース製薬 (2011-11-04)
売り上げランキング: 796


下記みたいなのは使えないんですよね。

だってコレ・・・時々、中を確認して捨てないといけないでしょ。そのときにゴキブリを見なくちゃいけないなんてコワすぎる。

「ごきぶりホイホイ」って、ほんとにネーミングがすばらしい。でも私みたいに(たとえ死んでても)ゴキブリを見たくもない人には使えない。

ごきぶりホイホイ+デコボコシート [5セット入x2個パック]
アース製薬 (2016-03-02)
売り上げランキング: 1,568


引っ越し前などは「部屋を密閉し、煙を出してゴキだけでなくダニも一挙に駆除!」みたいなの(下記)を使ってたのですが、最近は部屋に精密機器が多くなったのであまり使わなくなりました。

【第2類医薬品】バルサンプロEX12~16畳用 40g
ライオン (2012-03-07)
売り上げランキング: 483


ちなみに浴室換気乾燥機の取り扱い説明書には、下記のような薬剤を噴霧するタイプの浴室のカビ防止剤が機器故障の原因になることがあると書いてあり、こちらも(ゴキとは関係ないけど)注意して使いましょう。


というわけで、私が長く愛用してるのがこちら↓

タニサケ ゴキブリキャップP1 15個入
(↑クリックするとアマゾンのページに飛びます)


ものすごいロングセラー商品で、私はこの商品を心から信頼しています。

その仕組みは・・

タマネギやピーナッツ成分などでゴキブリを誘因し、ゴキちゃんが食べたらホウ酸で死んじゃうというもの。いわゆるホウ酸団子ってやつですね。


直径 3センチくらいのプラスティック容器(中にエサが入っていて、サイドが開いている)を、部屋の隅など、あちこちに配置するだけです。

ポイントは、毒を食べたゴキブリが脱水状態になり、水を求めて(その場で死んだりせず)外に出て行ってくれること。

なので、誘引剤が入っていてもゴキちゃんを見なくて済むわけです。


すんばらしい!


ちなみに前のバージョンはこういうパッケージだった気がする。
↓ 


似たような商品は他のメーカーからも出ているのですが、誘引剤が生エサタイプだったり、ホウ酸の含有量が多かったりで、このゴキキャップが他の製品より「頭抜けて効果が高い」と言われています。

10年くらい前からゴキキャップを使い始めた我が家ではそれ以来ゴキブリを見ることもなくなり、夏や梅雨時でも心の平安を得ることができました。

有効期限は箱に書いてありますが、最低でも 1年は持つので、こまめに替える必要もありません。

我が家では毎年、6月の梅雨入りあたり、蒸し暑くなってきたタイミングで家じゅうのゴキキャップを新しいものに取り替えます。

1年前に置いた古いのを回収し、新しいのを置いて回るという作業をすると、ちょうど「一年ごとに部屋の隅々まで大掃除ができる」ので、それも気に入ってます。

★★★

下記は新しいパッケージの商品で、即効性が高いらしい。
15個入りと30個入りがあるので、家の広さに応じて選んでください。

ゴキブリキャップP1 15個入

上記の写真をクリックするとアマゾンのページに飛びます。

楽天で買いたい方はこちら


置く場所ですが、

台所だと、冷蔵庫の裏、戸棚の下(排水溝の近く)、食器棚と壁の間など 3個くらい。

洗面所だと洗濯機の脇、洗面台の下の戸棚の中、トイレの裏側など、やはり 3個くらい。

リビングではソファの下や、部屋の角の家具の裏に置きます。ベッドの下、チェストの裏側など暗くて狭いところにも。

他には、玄関ドアのすぐ近くや窓&ベランダのサッシ上など、出入り口に置きます。そうすると、外部から入ろうとした Gがこれに引っかかり、家に入らず撃退できます。

私のように「ゴキちゃんなんて一切、見たくない」という方には、とってもお勧めの商品です!